忍者ブログ
長年の首&肩こりに悩むWeb職人のパソコン病克服奮闘記。
 8 |  7 |  6 |  5 |  4 |  3 |  2 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は寝る時には、布団の周りに複数(2~5個)の枕を置いておかないと
不安で眠れない・・・という状態がもう何年も続いています。。。

首に不調があるせいか、なかなか合う枕に出会えず、
どうしてもなかなか熟睡できず、
なんとか熟睡できたとしても、朝起きてみると首や肩が痛かったり、
くらくらしたりする・・・という状態。

ひどい時には、寝ながら何度も枕をとっかえひっかえしたりして、
まったく熟睡できないという状態になることもしばしば・・・。

おかげで、いろいろな寝具売り場に行くたびに、
「これはよさそうだ!」という枕を見つけて買ってきては
しばらく使って(もしくは使った翌日すぐ)合わないことがわかり、
無駄遣いをしてしまったことに凹み、また枕を探す日々・・・・。

まさに「枕難民」と言っても過言ではないという日々を送っております(´;ω;`)

そんな中、大好きなJ-WAVEのDJ.TAROさんのラジオ「Hello World」
先日聞いていたら、ちょうど「安眠」の特集をやっておりました。

さらに簡単に作れる安眠枕を教えてくれるとか!!

おおぉおおお!!(*´∀`*)

と耳をダンボにして(w)、じっくり聞いておりました。

そちらで紹介されていたのは、
『整形外科枕』を開発した、山田朱織枕研究所の山田朱織先生
提唱されていた簡単に作れるぴったり枕。

以下、ハロワのBlogより転載↓
山田先生直伝!お家でできる、ピッタリ枕の作り方☆
・玄関マットと毛足の短いタオルケットを用意。
・マットは、じゃばら折り、タオルケットはある程度の大きさまで畳んでじゃばら折りにして
ペラペラの方を同じ向きに重ねる。
 
このペラペラの方を首の方にして、寝て下の項目に当てはまる高さになるよう、
タオルの厚みで調節する。
・上向きで、喉が苦しくない高さで、呼吸が楽にリラックスできるか。
・横向きで、下の肩が圧迫されたり、腕が痛かったり、しびれたりしているのは、ダメ!
・枕に体を預けて、力を抜いた時にリラックスできるか。
・コロコロと寝返りができるか。
 
寝返りができなくなるので、
そばがら、ビーズ、低反発など頭が沈む素材の枕はNG

半信半疑で試してその夜眠ってみたところ、
朝起きた時の不快感がほとんどなくなっておりました!

びっくり(; ・`д・´)

本当に?本当にそんなに効果あるの???
散々枕行脚してきた自分としてはまだまだ半信半疑です。。。

この枕にして今日まで二日寝てみてますが、
朝の目覚めは快適で、
いつものような起きた時の首や背中の不調がないような気がします。。。

(´ε`;)ウーン…

まだまだわからないですが、
もしかしたら、もしかしたら、
ついに運命のネ申まくらに出会えたのか・・・・な・・・・???

もうちょっと試してみて、またご報告しますっ!!

↓今回のネ申?まくらに出会う前の愛用品。高さ調節もできるし、素材も柔らかくて結構好きだったのになぁ。。。夫は気持ちいいといってます。

拍手

この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
鴨川柚
性別:
女性
職業:
在宅Web職人
自己紹介:
長年の肩こり&首痛にプラスして、めまいや背中のひどいコリなどに悩み、2010年治し家を訪問。
かなり重度のパソコン病と診断を受け、治療を受けることに。
通い始めて半年、症状がかなり改善されてきた昨今、大好きなPC作業を続けながらも、治ってきたパソコン病が悪化しないようにと、日々奮闘中。
日常に感じたことや体調の気づきなども。
治し家鍼灸治療院
【治し家(なおしや)】
-パソコン病・五十肩専門治療院-
治し家~パソコン病・五十肩専門治療院

治療で大変お世話になっております。
このブログでは、こちらの治し家での治療日記を中心に、パソコン病を克服していく道のりをどんどん書き綴っていきます。
(院長角谷先生の了解済み♪)
おすすめ
我が家の愛読書






おすすめサービス
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 肩こりへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
カウンター
Copyright ©  めざせ、パソコン病克服への道!  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]