忍者ブログ
長年の首&肩こりに悩むWeb職人のパソコン病克服奮闘記。
 13 |  12 |  11 |  10 |  9 |  8 |  7 |  6 |  5 |  4 |  3 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回、治し家治療院にかかるまで、
長年肩こり&首コリを抱えていたにも関わらず、
人生において鍼治療を受けたことがありませんでした(;´∀`)

鍼は効くって言うけれども、
なんとなくお年寄りがやるもの・・・?とかいう感じのイメージとか、
痛そうで怖い!!というイメージのほうが先行していたように思います。。。

だってだって、ドラマ「チャングムの誓い」とかでも
なんかぶすっと長くて太い鍼を刺すようなイメージが・・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そんなこんなで受ける機会はなかったのですが、
夫が先に治し家の治療を受けてきて、
「鍼が主な治療だった」と聞いてから初診の日まですごく緊張してました。。。

でも、実際、日本ではあんな太い鍼をいきなりぶすっと
さしたりはしないんですよね(;・∀・)
知らなかった~;;

↓のブログでも、チャングム~などの鍼と日本の鍼との違いを
詳しく書いてらっしゃいます。
「チャングムの誓い」と鍼(はり)、その2

治し家で使っている鍼は、↓の写真のような、
本当に髪の毛くらいの細いもので、
鍼管というのを使って打ちこむ感じです。
治し家で使用している鍼。

この鍼管というもので鍼を打つ周りの筋肉をぴんと張って、
そこに打ち込むからあまり痛みを感じないのだそうです。

最初打つ時だけぴりっとしますが、
ほとんど痛くはない感じです。

そして、角谷先生の鍼治療はまさに溶かす鍼。
鍼を打って、鍼先がコリに届いたら
じっくりじっくりと鍼の先を使ってコリをほぐしていく、
と言う感じです。

最初はなにも感じなくても、
コリがほぐれてくると「ひびき」と言う感じのずーんとした痛みが走り、
それでコリがほぐれたことになるんだそうです。

すごい~(;´∀`)

たとえがあんまり良くないけど、
敢えて例えると、歯の神経を取る時のような感じで
鍼を回転させて掘っていく?感じです(どんなんだw

それが治し家独自の方法なんだそうですΣ(´∀`;)

今までに受けた鍼治療は治し家のみなので、
この治療法に慣れた状態で他で鍼を受けたら痛いんだろうか・・・・とか
余計なことを考えてしまいますが(;´Д`)

それでも、もう半年くらい通って慣れてきたと言っても、
首に鍼を打つ時はまだまだ緊張します。。。。

でも、鍼の効果は絶大ですね~。
あそこまで即効性があるとは!びっくりです。
今まで散々いろんなマッサージとか整体とか行って取れなかったコリが
鍼治療でだいぶ取れてきたのはびっくりでした。。。

先生との相性ってのもあるらしいですけどね(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

↓いろいろ分からなかった鍼の謎をこの本で解くことができました。

あきらめないで!「鍼」ならここまで治る―菊池式脈診流鍼灸・漢方の驚異
菊池 亨 藤巻 一保
学習研究社
売り上げランキング: 38350

拍手

この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
鴨川柚
性別:
女性
職業:
在宅Web職人
自己紹介:
長年の肩こり&首痛にプラスして、めまいや背中のひどいコリなどに悩み、2010年治し家を訪問。
かなり重度のパソコン病と診断を受け、治療を受けることに。
通い始めて半年、症状がかなり改善されてきた昨今、大好きなPC作業を続けながらも、治ってきたパソコン病が悪化しないようにと、日々奮闘中。
日常に感じたことや体調の気づきなども。
治し家鍼灸治療院
【治し家(なおしや)】
-パソコン病・五十肩専門治療院-
治し家~パソコン病・五十肩専門治療院

治療で大変お世話になっております。
このブログでは、こちらの治し家での治療日記を中心に、パソコン病を克服していく道のりをどんどん書き綴っていきます。
(院長角谷先生の了解済み♪)
おすすめ
我が家の愛読書






おすすめサービス
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 肩こりへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
カウンター
Copyright ©  めざせ、パソコン病克服への道!  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]